しみ、しわ、たるみが気になってきたらにんにくがイイ

しみ、しわ、たるみが気になってきたらにんにくがイイ

ニンニクの効果についてご紹介します。

 

肝機能を高め、血液大掃除

 

肝臓は、血液の浄化と解毒をつかさどる臓器で、重要な働きをしています。。

 

重要な物事を指して、肝臓の肝の字を使う

 

「肝心」

 

「肝要」

 

という言葉が生まれるほど、大変重要な役割です。

 

成人の肝臓の重さは、1000グラムから1500グラムくらいで、肝細胞のひとつひとつが、

 

血液を浄化して、有害物質を解毒してくれています。

 

お腹の痛みは感じても、肝臓の痛みを感じることはありません。

 

「もの言わぬ臓器」と肝臓はいわれており、

 

ついつい肝臓を酷使すると、気づいた時は取り返しのつかない状態になっているケースが多いのです。

 

肝硬変などになっては取り返しがつきません。

 

血液の濾過工場である肝臓をいたわることが、大切です。

 

きれいで健康に保ち「気」を養うことにもつながるのです。

 

しみを取り、張りのある肌をつくるニンニクパック

 

韓国人はニンニク好きの民族です。

 

精進料理を除けば、ほとんどの韓国料理にはニンニクが入っています。

 

ニンニクは、多様な栄養素を含んでいますし、

 

かぜの予防や疲労回復から抗がん作用まで、さまざまな薬効を発揮します。

 

女性としては、肌に非常にいいという点も重要です。

 

韓国人女性は肌がきれいといわれています。

 

ニンニクのおかげといっても過言ではありません。

 

ニンニクは、皮膚の細胞機能を活性化します。

 

老廃物を速やかに追い出してくれるのです。

 

必要な栄養を取り入れて肌を元気にするはたらきがあり、昔から重宝されています。

 

皮下組織に脂肪をたくわえ、肌のうるおいを保ってくれます。

 

さらに血管を広げて血行をよくしてくれるので、

 

お肌にツヤと張り、そして小じわの予防にも効果があるのです。

 

 

新陳代謝が活発になることで、

 

しみの原因となるメラニン色素を取り除いてしみを薄め、

 

透明で健康的な肌をつくってくれます。

 

ニンニクの強力な殺菌作用で皮膚の角質が取り除かれます。

 

肌はいつも若々しく清潔な状態に保たれるのです。

 

ニンニクの美容効果を満喫するため、

 

週2〜3回の「ニンニクパック」がおすすめです。

 

ただし、お肌が弱い方で、

 

肌が赤くなっても熱をもったら中止してください。

 

・ニンニクパック

 

⇒容器にハチミツ100グラムと薄切りにし、

 

ニンニク3粒分を入れて空気を抜いて密封します。

 

⇒3〜7日ほどおけば、ニンニクの成分がハチミツにしみ出します。

 

このハチミツをパック剤として使います。

 

⇒スプーンの裏を使ってハチミツを顔にまんべんなく塗り、ラップをかぶせて10分程度パックするとお肌がすべすべになっています。

 

しわたるみ対策としては非常に優秀な効果をもたらすパックなのです。