顔のシミ、肝斑

顔のシミと肝斑

肝班という顔にできるシミがあります。肝班ができる理由は、ホルモンの分泌によります。左右対称にできること、色が薄いことなどが肝班の特徴です。

 

目のまわり、頬、おでこ、鼻の横などにできます。肝斑は普通のシミとは違って、シミの線がはっきりとしないのが特徴です。ホルモン分泌の関係で、濃くなったり薄くなったりとするのも肝斑というのシミの特徴です。

 

妊娠中の女性、避妊薬を口径摂取している人、30歳を超えた女性などが、肝班の症状が出やすいと言われているようです。顔にできシミを治療する手段としてレーザーがありますが、肝班の場合はレーザーを照射すると症状が余計悪くなってしまう可能性があります。

 

肝班の治療方法は、光を照射するシミ治療や、トラネキサム酸を経口摂取する治療法があります。トラネキサム酸はもとは止血剤で、錠剤型で使用することができます。

 

紫外線のためにできるシミと違って、肝班はホルモンの分泌量によってできるものです。バランスが崩れるとプラスミンという情報伝達物質が分泌されて、メラニンの生成を活発にさせてしまいます。

 

トラネキサム酸を使用することで、メラニンの生成を抑制する事で、肝斑ができるのを防いでくれるのです。どんな方法で顔のシミを治療するかは、なぜ顔にシミができたかによって決まります。

 

シミを治療するには、顔にシミができた理由を突き止め、その理由に合わせて治療方針を定めることが大事になります。