光フェイシャルをエステで受ける時の注意点

光フェイシャルをエステで受ける時の注意点

光フェイシャルは、お肌のしみやくすみ、しわやたるみなど、色々な問題への対策になる美容施術です。

 

美容効果を期待して、大勢の人が光フェイシャルを使っているようですが、気をつけなければならないことは何でしょう。

 

光フェイシャルを受ける時には、複数回にわたって同じ施術を受けなければ、効果は体感できないことを、把握しておくことが大事です。

 

光フェイシャルで翌日の化粧ノリが良くなるのは確かですが、美白効果や除毛効果は一度の施術では、それほど感じることはできないようです。

 

肌にあまりダメージを与えずに、おだやかに作用するのが光フェイシャルのメリットでもあるので、効果もゆるやかなものになってしまいます。

 

一回一回の施術費用は安くても、5回、6回と続けていくうちに、費用がかさむ結果になってしまいます。

 

光フェイシャルは、妊娠中、糖尿病の人、てんかん発作が起きるかもしれない人は、やめておきましょう。

 

体に何らかのトラブルを抱えている人は、光フェイシャルを受けてもいいかどうかを、担当医に聞いてみましょう。

 

日焼けで肌が黒くなっている人も、光フェイシャルはよくありません。

 

後々に困った事態にならないように、病気にかかっている人などは、カウンセリングで問題がないかをチェックしましょう。

 

中には光フェイシャルの光が肌へ過剰反応してしまい、無かったはずの黒点のようなものが表れる場合があります。

 

長い時間をかけて改善はしますが、肌の極端に弱い人は注意したほうが良いでしょう。

 

光フェイシャルを利用する時には、クリニックやエステ選びに時間をかけて、実績と信頼のあるところで、よく相談してから受けてください。

エステで施術される光フェイシャルの方法

近年では、色々な美容のやり方がありますが、エステの光フェイシャルは、特に注目されています。美肌にいいという光フェイシャルを利用する時には、具体的に何をすることになるのでしょう。年をとると徐々に出てくる皮膚の問題に対して、光フェイシャルは、症状を解消することが可能です。最初に、肌チェックをして肌の水分量や肌質タイプを見るところが多いようです。しっかりとカウンセリングをしてから施術を受けることが大切です。光フェイシャルの施術をする場所を決めたら、光を照射する準備をします。お肌の汚れをしっかりと落としてから、肌表面に冷却ジェルを塗ります。準備が整ったら、仕上げに目を光から守るアイカバーをつけます。全ての準備が終わったら、光フェイシャルの本番になります。光をあてること自体には時間はかからず、強い光で一瞬だけ皮膚を照らします。一通り光をあてたら、仕上げに皮膚をパックします。皮膚のダウンタイムになり、ヒアルロン酸やコラーゲンで肌の保湿効果もあります。肌の状態が整ったら、化粧や、洗顔などに、特段の制約などはありません。光フェイシャルの施術後の肌は敏感になっているので、お出かけ前は日焼け止めを塗るなどしてしっかりと紫外線対策を行うことが大切です。光フェイシャルの後は乾燥しやすくなっているので、保湿ケアもしっかり行いましょう。光フェイシャルは、所要時間が短いこと、苦痛があまり伴わないことが魅力です。美肌に関心がある人は、ぜひ、光フェイシャルを試してみてください。

エステの光フェイシャルとは

光フェイシャルを、エステに行ってやってもらう人が多いようです。どのような施術を受けて、エステで光フェイシャルができるでしょう。年をとってもきれいな肌を維持するために、アメリカでつくられたエステの方法が、光フェイシャルです。肌に作用する光エネルギーを顔全体に照射して、肌を若返らせることができるというアンチエイジングの方法です。光フェイシャルでは、コラーゲンを作り出す働きのある繊維細胞を皮膚の真皮層で活性化し、コラーゲンの生成を促して増やす効果があるといわれています。皮膚のしみを目立たなくしたり、赤みを解消する効果が、エステで行う光フェイシャルでは得られると言われています。年をとると徐々に多くなる皮膚のしみやくすみ、しわやたるみなどが、光フェイシャルの効果で皮膚の内側から若返り、みずみずしくきれいな肌になるといいます。光フェイシャルは、若々しくきれいな肌をキープする時に役に立つものです。光フェイシャルを扱っているところとしては、エステや、クリニックがあります。数回の施術を繰り返すことによって、さらに効果を実感することができるでしょう。肌の悩みを改善するだけではなく、光フェイシャルによってリフトアップ効果や小顔効果を得ることもできます。お肌のしみやくすみ、たるみなどが気になる人は、光フェイシャルを受けて加齢に負けない美しい肌をキープしていきましょう。